FC2ブログ
SM歴だけは無駄に長いサディスト粋永が綴るSM的嗜好や、SMの考え方、捉え方、そしてチャレンジ(試行)を綴ります
201708«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2015/02/06
18:24:02
汚したいのに・・・」で美意識について書きました。
それについてメールにてご質問をいただき、書き方って難しいなあってつくづく思った次第です。(^^;


その中で「SMは汚いものというイメージがありました」というのがありました。
私はむしろSMの中に美を感じているので、私以外の主がどこに美を感じるかは分かりませんが、私は私の美意識の中で緊縛なりのSMプレイを愉しんでいるんですよね。(^^)



私は「痕」に対して異様なまでのフェティシズムを感じてます。
「痕フェチ」と言っても過言ではないでしょう。(^^ゞ


例えば縄痕。
肌にくっきりと残る縄痕は、その上から撫でたいくらい、いえ、もっと言うならば舌を這わせたいくらいです。(^^ゞ





この写真なんて縄の模様がしっかり残り、白い肌とのコントラストがタマリマセン。
これが私の言う美意識です。
もちろん、緊縛姿はその最高の事例だと思います。

※上下、別のM女です。





この写真の奴隷は最近ちょっと太りました。(^^;
太ったがために、スラーっとした脚がちょっと残念な結果になりましたが、それを写真に残す時は「どうしたらキレイに残せるか」を考えて撮影しています。
もちろん、写真だけではなく、目の前に居る状態であっても、「こういう感じに立ちなさい」と指示をし、キレイな立ち方をさせようとしています。


左脚に掛かる縄がちょっとよれてしまったのは私の失敗です。(^^;
少し弛めに縛ったため、ちょっとした動きでずれてしまいました。
こういうのは私の美意識から言うと、「ダメじゃん」なんですけどね。www


そう言えば最近、緊縛に心奪われてしまって、鞭痕の写真が古いものしかありませんでした。(^^;
まあこうやって嗜好は変わっていくものという見本みたいな感じでしょうか。(^^ゞ


コメント
キレイな脚ですよ。
粋永様、こんばんは。
こんなにキレイな脚を残念と言われたら、わたしは写真を公開することが出来なくなっしまいます。。(^^;;

ちっとも残念に見えませんし、膝から下が長くてとてもおキレイです。(*^^*)

わたしもスタイルが良ければ、もっ主様にお愉しみいただけるんですけどね。。(それこそ残念です。。(^^;)

それに色白さんもいいですね。(*^^*)
鞭痕や縄痕が映えるのも羨ましいです。(^^)
今回、手首に縄模様が残るくらいクッキリと痕が残ってたのですが、こんな風な美しさとは違い。。
でも、主様につけていただいた痕はどんなモノでもうれしくて、コッソリ宝物を愛でるように、撫でてしまいました。(笑)

月子│URL│2015/02/06(Fri)20:37:29│ 編集
今晩は。

美意識を持つ方だからこそ、ふえてコメント致しますが。私は随分生意気だと、常に自覚はしております^^;

「緊縛」と、「拘束」は全くの別物と捉えております。
ただ身体の上に乗っているもの、自由を奪うだけのもの。私はそれらに惹かれないのです。
肌に吸い付き、まるでそこにあるべきもの、それにも関わらず苦悶の表情が浮かぶもの。
私は縛りの何も知りません。感覚だけです。

それが一番の「美意識」かなと(^o^;

基本は必要です。知識がなければ、ただの怪我や傷を残すだけです。
それを褒め称えているのを見ると、とても残念に思います。

佐奈│URL│2015/02/06(Fri)21:45:52│ 編集
Re: キレイな脚ですよ。
月子さん

いつもコメントありがとうございます。(^^)


> こんなにキレイな脚を残念と言われたら、わたしは写真を公開することが出来なくなっしまいます。。(^^;;
>
> ちっとも残念に見えませんし、膝から下が長くてとてもおキレイです。(*^^*)

私、脚フェチなんです。(^^ゞ
ですので脚に関してはちょっとうるさいかもしれません。(^^;


> わたしもスタイルが良ければ、もっ主様にお愉しみいただけるんですけどね。。(それこそ残念です。。(^^;)
>
> それに色白さんもいいですね。(*^^*)
> 鞭痕や縄痕が映えるのも羨ましいです。(^^)

あんまり関係ないんですけどね。
それこそ嗜好ですので、それぞれのフェチがあったり、好みがあったりします。
ガリガリが好みっていう人も居れば、ぽちゃ好きも居ます。
身長は自分より高くないと嫌っていう人も居れば、ミニモニ。サイズが好きっていう人も居ます。
そんなものだと思いますよ。(^^)


> 今回、手首に縄模様が残るくらいクッキリと痕が残ってたのですが、こんな風な美しさとは違い。。
> でも、主様につけていただいた痕はどんなモノでもうれしくて、コッソリ宝物を愛でるように、撫でてしまいました。(笑)

それでいいと思います。
自分だけのものですし、自分だけのしるしですしね。(^^)

粋永

粋永(すいえい)URL│2015/02/07(Sat)11:12:59│ 編集
Re: タイトルなし
佐奈さん

コメントありがとうございます。(^^)

美意識は人それぞれですので、どれが正しいというのはないところが面白いですよね。
真逆もあったりして、それがまた人間らしさで好きです。
ですから私は自分以外の美意識はそのまま受け容れることにしてるんです。(^^)


> 「緊縛」と、「拘束」は全くの別物と捉えております。
> ただ身体の上に乗っているもの、自由を奪うだけのもの。私はそれらに惹かれないのです。
> 肌に吸い付き、まるでそこにあるべきもの、それにも関わらず苦悶の表情が浮かぶもの。
> 私は縛りの何も知りません。感覚だけです。

以下は全て私見ですが。

私は大きな意味では同じだと考えています。
緊縛も拘束も一つの意味としては自由を奪うことです。
もっと言うならば拘束というものの一つが緊縛かもしれません。
ただ支配と拘束は似ている部分もあるけど、大きく違うのは支配は自由だということです。

だから躯だけの支配には興味がなく、心も脳も支配できるくらいになりたいと思っているんです。
もちろん、まだまだ私がその域には達してないのは重々承知していますけどね。(^^ゞ

色んな思考の元に色んな主が居る。
そしてそれぞれの嗜好があり・・・。

ほんっと飽きないです。(^^)

粋永

粋永(すいえい)URL│2015/02/07(Sat)11:20:51│ 編集
ストレスをためない生き方って、
自分の欲求を満たしていってあげることなんですよね。きっと。(^ ^)

縛ることの技術がプロと言えるいきに達したら、次はカメラマンになっていそうです。いいなぁ。もうちょっと、こうしてみて、とかいいながら、パチパチって。

私にとっては、これで十分とっても綺麗ですけど、満足してしまうと次に進まないのかもしれません。もっと、こうすれば。
次はこうって、
ご主人様もいつもそうです。
私には無理なことで(^^;;
だから、きっと私はそういうものに、他力本願で、ひかれていきます。
粋永さまが、プロのカメラマンになったころ、私も写してほしいです。だらしない体もひょっとして、綺麗にみえたりして。(*^_^*)
夢見るのは、ただですし。ただで、欲求を満たしていくのは、私は得意です。😁



mk│URL│2015/02/08(Sun)10:36:30│ 編集
Re: タイトルなし
mkさん

いつもコメントありがとうございます。(^^)


> 縛ることの技術がプロと言えるいきに達したら、次はカメラマンになっていそうです。いいなぁ。もうちょっと、こうしてみて、とかいいながら、パチパチって。

仕事柄プロのカメラマンと接することも多いのですが、機材がプロとアマチュアの差がなくなりましたから、光と影の扱い方とか構図とか、その辺りが差になりますね。
となると、多少なりとも理解はしている方だと思います。
なのに一向に写真は上手くなってませんね。(^^;


> 私にとっては、これで十分とっても綺麗ですけど、満足してしまうと次に進まないのかもしれません。もっと、こうすれば。

もっともっとの向上心だけでここまでやってきましたので、もうちょっと時間を掛けてカメラも勉強していきたいものです。(^^ゞ


> 粋永さまが、プロのカメラマンになったころ、私も写してほしいです。だらしない体もひょっとして、綺麗にみえたりして。(*^_^*)
> 夢見るのは、ただですし。ただで、欲求を満たしていくのは、私は得意です。😁

どこからプロって言えるのかといえば、写真でちゃんとお金をいただけるようになってから。
となるとプロの道は諦めざるを得ませんが、腕は磨いていきますからね。
いい写真が撮れるようになりましたら、是非。(^^)

粋永

粋永(すいえい)URL│2015/02/08(Sun)20:14:23│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://smsuiei.blog.fc2.com/tb.php/155-9bfa1529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示