FC2ブログ
SM歴だけは無駄に長いサディスト粋永が綴るSM的嗜好や、SMの考え方、捉え方、そしてチャレンジ(試行)を綴ります
201708«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
2016/01/11
11:04:32
久々に緊縛をすると忘れてるかも?と不安になります。(^^;
頭の中でイメトレしても途中で「あれ?どうだったっけ?」ってなったり。
ボケるにはまださすがに早過ぎます。(^^;;;


かなり焦るんですけど、縛り始めると不思議と手が覚えているんです。(^^)


緊縛って好きだな〜と思いますが、今一度自分が好きな調教を考えてみました。


一番は興奮度合いから圧倒的な「貸出」。
二番はやはり「鞭打ち」。
三番が「緊縛」。


色んな調教スタイルがあると思いますが、そう言えば私はあまり玩具を使わないんですよね。(^^;
そういう意味では指、時には拳が商売道具です。www


少し時間が取れたので、色んなブログを徘徊(この言葉が本当の意味で似合う年頃になってきました 笑)しましたが、M女さんのブログの中には沢山主さんの言葉や考え方が詰まっていて、とても共感できる箇所があったり、違うなっと思って速攻で退出したり。


痛みの強さと主の愛情の深さは比例するという言葉に出会いました。(書き方は私がアレンジしてます)
「なるほど、この言い回しは好きだな」と。
確かに与える痛みが軽い時は奴隷に対する思い入れもそこまで強いわけではなく、強い痛みを与えることと愛情の深さは同じ意味だと思っていましたので、どんどん痛みの強さは増していっているような気がします。


快楽もそうです。
深くイカせたいと思うようになり、脳でイカせたい、もっともっと変態に仕上げたいと思うようになりました。





緊縛で縛っているのは躯ではなく心を縛っている・・・もどこかで読んだことがありますが、その意味がやっと分かりかけてきました。
まだまだ躯を縛るレベルではありますが、心を鷲掴みにし、そして心を縛る。
私もこうありたいと思っております。


去年一年を振り返って、色んな出会いがあったり、様々な調教をしてきましたが、「まだまだだ」と思える自分に嬉しくもアリ・・・。(^^)
私にとっては老いてこそのSMであり、主従関係であると思います。
若い頃では出来なかったコト、分からなかったコトが、ようやく分かり始めているということでしょうか。
SMそのものもそうですし、主従関係に至っては、奥が深く飽きることがありません。
そして色んな思考の主さんとお逢いすることで、気付きをいただいたり、今までもやもやしていたことが明確になったり。(^^)
本で読む、ブログで読むよりも、リアルな出会いにこそ、調教の奥深さが見えてきます。


緊縛は回数だと思っています。
そしてもちろん研究も必要ですし、ちゃんと相手を観る目も重要です。
今年はもっとエロティックな緊縛ができるようにチャレンジしたいですね。


そう、最近ちょっと面白いかも?と思い始めたのが蝋燭です。
まあここに書いてますのでご存知だとは思いますが、蝋燭が四番目になるかどうか・・・。(^^ゞ
そう言えばあまり露出に興味はありませんが、今年は少しずつさせてみようかと思ったり・・・。


頭でっかちで考えるのではなく、まず「試行」してみる。
そんな一年にしたいと思ってます。(^^)v


コメント
深いお話ですね。
心を縛って頂けていると、先日、月子さんのエントリーにあった、見えない首輪が感じられるのかなと、私は思います。
sm、事に主従のご関係については、何が正解とか、どなたかに比べて秀でている 劣っているという事ではないのかと思います。(偉そうに…すみません)

私にとっては主が正解であり、主にとっては、私をいかにご自分の趣向に近づけていくのかに、気をさいて下さっているのだと思います。
相変わらずのへなちょこながら、主に対する尊敬と感謝は止めどなく…

普段は、けっこうカタイ仕事してまして、指示を出したりする事も多くM女感は微塵も出ていないと思いますが、
主にして頂く時は、自然と感覚や感情が研ぎ澄まされ、心にも体にも主を一身に感じています。
本当にムリかどうかを見て下さっている安心感から、私自身では制御出来ない状態になっていると思われます。

粋永様のような方がまだまだと思われる深い世界、主にとっても挑戦や成長の時期が来たときに、ついていけるよう、心を整えておきたいな、と思いました。

さつき│URL│2016/01/11(Mon)13:10:59│ 編集
蝋燭かぁ。SM用の蝋燭があるなんて最初は知らなかったな(>_<)
昨日、今年初めて寝取られ奥様と逢って、楽しんで来ました(^O^)

グロム│URL│2016/01/11(Mon)15:09:59│ 編集
こんばんは
粋永 様

こんばんは^ ^

心を縛る・・・未熟者の私が言うのは失礼な気もしますが、私もそう思います。
ご主人様と初めてお逢いした日、 体験調教 で緊縛をしてくださいました。
その時は、確かに気持ち良い感覚もありましたが今とは比べものになりません。
最近、少し?色々とありご迷惑をお掛けしていますが、いままでご調教をしていただいてきた カラダ も心 。
ご主人様との距離も近く、心も溶け込んで、
緊縛されて、ただそれだけで達するカラダになりました。
カラダ でなく 心を縛っていただき、感情は開放されています。
ご主人様に今日も感謝しています。(*^^*)

画像の縛りは 丸見え ですね。
今回の画像もお綺麗ですね。(^^)

なほこ


なほこ│URL│2016/01/11(Mon)18:25:54│ 編集
Re: 深いお話ですね。
さつきさん

いつもコメントありがとうございます。(^^)


> 心を縛って頂けていると、先日、月子さんのエントリーにあった、見えない首輪が感じられるのかなと、私は思います。
> sm、事に主従のご関係については、何が正解とか、どなたかに比べて秀でている 劣っているという事ではないのかと思います。(偉そうに…すみません)

いえ、仰られる通りだと思いますよ。
正解なんてものは何一つありません。
ただそこにあるのは、主が法律ということだけです。
だからこそ私たち主はもがくんだと思います。
だって法律があやふやだったら迷わせるだけですしね。(^^)

見えない首輪という月子さんの表現も上手いこと言うなあってその当時感じたものでした。
まさにカタチではなく、心や脳をどう導いていくか・・・。
ほんっと深いな〜って。


> 私にとっては主が正解であり、主にとっては、私をいかにご自分の趣向に近づけていくのかに、気をさいて下さっているのだと思います。
> 相変わらずのへなちょこながら、主に対する尊敬と感謝は止めどなく…

それでいいです。
いえ、それ以外はNGです。
主が正解・・・。
それ以上でも以下でもないんでしょうね。(^^)


> 普段は、けっこうカタイ仕事してまして、指示を出したりする事も多くM女感は微塵も出ていないと思いますが、
> 主にして頂く時は、自然と感覚や感情が研ぎ澄まされ、心にも体にも主を一身に感じています。
> 本当にムリかどうかを見て下さっている安心感から、私自身では制御出来ない状態になっていると思われます。

普段の生活は全く関係ないと思いますよ。
置かれている立場や環境でアウトプットは違ってきますし、素の部分が重要かと。

私たち主は「見る」から「観る」が重要であり、時に「視る」であり「診る」なんですよね。(^^ゞ

粋永

粋永(すいえい)URL│2016/01/12(Tue)10:51:25│ 編集
Re: タイトルなし
グロムさん

いつもコメントありがとうございます。(^^)


> 蝋燭かぁ。SM用の蝋燭があるなんて最初は知らなかったな(>_<)
> 昨日、今年初めて寝取られ奥様と逢って、楽しんで来ました(^O^)

SM用以外の用途はないだろうな〜って感じの蝋燭です。www
低温蝋燭も温度もあるみたいで、45度とか50度とか色々あるみたいですよ。
是非一度チャレンジされてみてくださいね。

粋永

粋永(すいえい)URL│2016/01/12(Tue)10:53:00│ 編集
Re: こんばんは
なほこさん

いつもコメントありがとうございます。(^^)


> 心を縛る・・・未熟者の私が言うのは失礼な気もしますが、私もそう思います。

なほこさんを未熟って言ってしまったら、どなたを熟練者って言ったらいいのでしょう?(^^ゞ


> ご主人様と初めてお逢いした日、 体験調教 で緊縛をしてくださいました。
> その時は、確かに気持ち良い感覚もありましたが今とは比べものになりません。
> 最近、少し?色々とありご迷惑をお掛けしていますが、いままでご調教をしていただいてきた カラダ も心 。
> ご主人様との距離も近く、心も溶け込んで、
> 緊縛されて、ただそれだけで達するカラダになりました。
> カラダ でなく 心を縛っていただき、感情は開放されています。
> ご主人様に今日も感謝しています。(*^^*)

なほこさんの主さんの緊縛はずっと憧れですし、ちゃんとなほこさんに合わせて縛られていると思います。
そう考えると自分の緊縛はどうか?と自問自答の日々です。(^^;
緊縛で達するなんて域には私の緊縛技術ではまだまだ先のような気がしますが、人はそれぞれ得意不得意があります。
私は私のやり方で・・・って考えてますけどね。
ただ緊縛は私も極めたいと思ってますが、まだ先は長そうです。(^^;
だからこそ面白いとも言えますけどね。(^^ゞ


> 画像の縛りは 丸見え ですね。
> 今回の画像もお綺麗ですね。(^^)

ありがとうございます。
な「わ」こさんwwwにそう言っていただけると俄然勇気が沸いてきます。(^^ゞ

粋永

粋永(すいえい)URL│2016/01/12(Tue)10:57:24│ 編集
わわわ。。。 私の名前が…(笑)
粋永様、こんばんは。^^
コメント内に私の名前を見つけて、テンションが上がってしまいました。(笑)

とても興味深く拝読いたしました。

「確かに与える痛みが軽い時は奴隷に対する思い入れもそこまで強いわけではなく、強い痛みを与えることと愛情の深さは同じ意味だと思っていましたので、どんどん痛みの強さは増していっているような気がします。」

全ての主様方が同じように考えていらっしゃるわけではないと思いますが、わたしもご調教を通していただく鞭の痛みは強さを増していってる気がしていて、単純に「痛み」として感じるのではなくそれを越えたところにある「悦び」を感じさせていただいています。

それを与えていただけるのは「特別なこと」と、勝手に脳内変換しているところもありますね。。(笑)

と言っても、わたしの場合、「自分から欲してしまっているから…」与えて下さっているというのもあるんですけどね。。^^

主様の愛情の深さが、痛みの大きさと比例しているのなら、もっともっとと望んでしまいそうです。(//-//)

今年はたくさん鞭を打っていただけそうなので、密かに悦んでいます。。

あの頃の私とは違う…

鞭が怖くてギブアップした頃の自分とは明らかに違う「悦び」を感じられるのがとても嬉しいです。(*^^*)

もっともっと、主様の望まれる変態になりたいです。(笑)

月子│URL│2016/01/13(Wed)01:00:28│ 編集
Re: わわわ。。。 私の名前が…(笑)
月子さん

いつもコメントありがとうございます。(^^)


> コメント内に私の名前を見つけて、テンションが上がってしまいました。(笑)

さつきさんが「見えない首輪」という月子さんのエントリーと、私の「心を縛る」というエントリーとを結び付けられたんだと思いますが、その通りだな〜って思ってコメントを読みました。(^^)


> 全ての主様方が同じように考えていらっしゃるわけではないと思いますが、わたしもご調教を通していただく鞭の痛みは強さを増していってる気がしていて、単純に「痛み」として感じるのではなくそれを越えたところにある「悦び」を感じさせていただいています。
>
> それを与えていただけるのは「特別なこと」と、勝手に脳内変換しているところもありますね。。(笑)

まあそれが変態の変態変換ですけどね。wwwww
いえ、ここで言う「変態」は褒め言葉でしかなく、変態変換できるようになると全てが「嬉しい」と変換できるような気がします。


> と言っても、わたしの場合、「自分から欲してしまっているから…」与えて下さっているというのもあるんですけどね。。^^
>
> 主様の愛情の深さが、痛みの大きさと比例しているのなら、もっともっとと望んでしまいそうです。(//-//)

まさしく変態変換。(^^)
素晴らしいと思いますよ。


> あの頃の私とは違う…
>
> 鞭が怖くてギブアップした頃の自分とは明らかに違う「悦び」を感じられるのがとても嬉しいです。(*^^*)
>
> もっともっと、主様の望まれる変態になりたいです。(笑)

それでいいと思います。
少しずつ成長している姿は確実に主さんには伝わってますし、そのことは月子さんのエントリーからも伝わって来ています。
また月子さんの変態エントリーを楽しみにしていますね。

粋永

粋永(すいえい)URL│2016/01/13(Wed)09:30:35│ 編集
好きな調教
『まだまだ躯を縛るレベルではありますが、心を鷲掴みにし、そして心を縛る。
私もこうありたいと思っております。』

との粋永さんの言葉で

『実はからだよりこころが欲しいんだよ。』

という、以前言われた主の言葉を思い出しました。

そう言われた主の好きな調教は、やはり『緊縛』だったと振り返って思います。

単に緊縛プレイそのものに目的があるのなら、応えることもいくらか可能と思うのですが

心となると
それはこの『私の』心で良いのかな?と、やはり不安はいつも気持ちの片隅にありました。

主は調教中、あまり表情が変わりませんし
言って欲しい言葉も、そうそう頂けるわけでもありません。

粋永さんにも同じような傾向があると、いつかのエントリーで書かれていたと記憶するのですが

こういった公のblogで嗜好思考試行を書き留めて下さると、普段私たち奴隷が知ることのない『主の心持ち』に少なからず触れることが出来るようにお見受けし
また、公のblogでの奴隷公開は、公にも自分が『主の奴隷』と認められてるという
何よりも心の安定が得られるのでは、と想像します。

そのような心の安定に伴い『奴隷の誇り』も湧いてきますし、そうして『奴隷の品格』もますます備わってこられようにも思いました。
本当に、いつも
粋永さんの主たる姿勢に憧れが止みません。


粋永さんがあまり興味をひかないという露出は、主は割合お好みだったのですよ。

何度か赤い首輪を着けたまま主と街を歩いたことがありました。

調教時でもブラウスにタイトスカート等、普段からシンプルな服装ですので、赤い首輪は更に奇異なものに映ったと思います。

主とは遠距離だったため、待ち合わせの街は、お互い知り合いにはまず会わないだろうという環境だったことも手伝ってました。

一度、主が手にリードも持たれたこともあり(首輪にはつながず)、その時は本当に震えるような緊張と甘美な不安というか…何とも言えない心持ちになりました。

露出とはいっても露骨に『見せる』というより、道往く人たちに『想像させる』というものでした。

懐かしいです(*´-`)

麻美│URL│2016/01/13(Wed)16:47:48│ 編集
Re: 好きな調教
麻美さん

いつもコメントありがとうございます。(^^)


> 『実はからだよりこころが欲しいんだよ。』
>
> という、以前言われた主の言葉を思い出しました。

主従関係の中に於いてまずもって躯優先という関係性もあれば、心を優先するという関係性もあると思ってます。
そしてその二つをバランス良く持ちたいと考える主は多いと思いますね。
かくいう私もそうです。

最近は特に色んなことが弱くなってきましたので、余計でも単にプレイと割り切った関係性は無理なんです。(>_<)


> そう言われた主の好きな調教は、やはり『緊縛』だったと振り返って思います。
>
> 単に緊縛プレイそのものに目的があるのなら、応えることもいくらか可能と思うのですが
>
> 心となると
> それはこの『私の』心で良いのかな?と、やはり不安はいつも気持ちの片隅にありました。

ここはM女さんならではの感覚でしょうね。
私はそういう不安は感じさせないようにしてきているつもりですが、あくまでもつもりですので、奴隷がどう感じているかは分かりません。(^^;


> 主は調教中、あまり表情が変わりませんし
> 言って欲しい言葉も、そうそう頂けるわけでもありません。
>
> 粋永さんにも同じような傾向があると、いつかのエントリーで書かれていたと記憶するのですが

はい。(^^;
その通りです。
表情も変わらないと思いますし、言葉も少ないかもしれません。
ただ言葉で虐める時はその限りではありませんが。(^^ゞ


> こういった公のblogで嗜好思考試行を書き留めて下さると、普段私たち奴隷が知ることのない『主の心持ち』に少なからず触れることが出来るようにお見受けし
> また、公のblogでの奴隷公開は、公にも自分が『主の奴隷』と認められてるという
> 何よりも心の安定が得られるのでは、と想像します。

あくまでも私見であり、その他の主さんが読まれたら「違う、違う」と感じられる部分もあろうかと思いますが、私も他所様のブログを拝読していてそう感じることもあり、十人十色を思い知ってます。
私の場合は多頭飼してますので、そういうM女さんから見ればマイナスの部分も併せて出して行くと決めましたので、そんないいものではないのかもしれませんね。(^^;


> 本当に、いつも
> 粋永さんの主たる姿勢に憧れが止みません。

ありがとうございます。
無駄に年を取ってないということでしょうか。(^^ゞ


> 粋永さんがあまり興味をひかないという露出は、主は割合お好みだったのですよ。
>
> 何度か赤い首輪を着けたまま主と街を歩いたことがありました。

> 露出とはいっても露骨に『見せる』というより、道往く人たちに『想像させる』というものでした。

露出の醍醐味がここにあるように思いました。
私はまだ露出に目覚めていませんし、それなりに立場があるので、どこのエリアでも知り合いに見られるという怖さはあります。www
教え子が多いということは、そういうことだと自覚してますので、そのせいもあって露出に踏み込めないのかもしれませんね。

粋永

粋永(すいえい)URL│2016/01/13(Wed)17:25:35│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://smsuiei.blog.fc2.com/tb.php/213-77d56d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示